オリジナルの衣類を作る

Tシャツ

プリント技法を知っておく

ティシャツは年齢問わず多くの方が着こなせるカジュアルウェアとして人気が高く、値段も安い事でオリジナルティシャツを作成される方も大勢いらっしゃいます。これから初めて依頼しようとされている方は、基礎知識や豆知識を知っておくと便利なので覚えておきましょう。その中でもプリント技法を把握しておくと、値段の違いや納期スピードなどをイメージしながら依頼する事が出来ます。プリント技法では大きく分けてシルクスクリーン印刷とデジタル転写印刷の二つが選べるようになっています。シルクスクリーン印刷は、ティシャツの印刷に最も適している印刷方法で、店頭に並んでいるティシャツの殆どはシルクスクリーン印刷で作られています。1色ごとに版を分けて作る為、色鮮やかで仕上がりの品質も高いのが特徴です。版を作る必要があるので1枚に掛かるコストが高くなりますが、大量に依頼する場合は返って単価が安くなるのが魅力です。デジタル転写印刷はパソコンのプリンターで印刷したような仕上がり具合となります。フルカラーで印刷する事ができ、短納期での依頼が可能です。シルクスクリーン印刷に比べて1枚に掛かるコストが非常安く、個人でオリジナルティシャツを作りたいと考えている方にもお勧めなプリント技法です。プリント部分は通気性が悪くなる事が多いので、大きなサイズで印刷する場合は気を付けておきましょう。その他にもインクジェット印刷やカッティング印刷が利用出来る業者も多いので、それぞれ調べておくと良いでしょう。

Copyright© 2018 ユニホーム作りは業者依頼がベスト【生地から選ぶ】 All Rights Reserved.